いつなおブログ

ガンプラ改修と 塗装と 全部のこと
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

RG フリーダムガンダム 3個目 完成編

やっとフリーダム完成しました。
予定より2週間も遅れた・・・
全然 調和塗装にならなかった。
これからはRGゼータに向けてガンダムZ作品を作って行きたいので
今年中は無理ですが いつかもう一度フリーダムをもっと白を加えた淡い塗装で作りたいです
紺色はほぼ黒にしてグレーももっと濃くすればメリハリが付いて 俺の頭の中にあるフリーダムが体現できるはず。

O-huri-oku2.jpg
O-huri-oku3.jpg
こういう画像作るのも相当手間掛かってるけど
これはかなり集中して一気に作れちゃうんだけどな。

こちらに出品しています
ヤフオク

こちらのサイトにも別画像を展示しています
モデラーズギャラリー

完成品ギャラリーサイト
こちらはまだ載せてないけど少しずつ書いて行こうと思います。
まずはリゼルを・・・


次はジャスティスを作りますが
ジャスティスは
土曜か日曜の時点でやってる改修で切り上げて
そこから塗装に入るようにしたいと思います。

そういう風に強制的に区切っていかないと永遠に脚踏みしてそうだから。
ハンブラビ作って スーパーガンダム作って ジオ作って 百式作って・・・
スポンサーサイト

RG フリーダムガンダム ゆるむ翼(羽)の簡単な改修方法の紹介 素組み・無塗装可

前回、RG1/144フリーダムガンダムの顔の整形紹介をしたので
もう1箇所 フリーダムの不満点だった緩む翼(羽)の解消 対処方を紹介しようと思います

あくまで私が個人的にやっている簡易的な方法ですが。

必要な物
・紙やすり
・接着剤
・プラ棒 3mm(場合によって不要)
・ピンバイス&ドリル たぶん1.5mm(場合によって不要)

加工改造の概要は
軸の新造・分割です

言葉で説明しにくいのでたぶんキットを持ってない人には理解できないですが
フリーダムの緩む翼とは
Z-huri-kaisyou1.jpg
コイツの事です。

理由としては軸が短いので ちょっと動かすだけで軸が羽から抜けて緩みます
軸が軟質素材で さらに別の可動部分と共有しているので 接着や延長が出来ないのが厄介です


さっそく改修します
Z-huri-kaisyou2.jpg
まずバラします 無関係なパーツははずしています サフをかける必要は無いです


次にこういうパーツを作ります
Z-huri-kaisyou3.jpg
直径約3ミリのプラ棒の真ん中に(たぶん)1.5mmの穴を開けたものです
コレが緩む羽の新しい軸に成ります

穴はあまり関係ないのでピンバイスが無い人は開けなくていいです
長さは現物合わせで あまり細かく決める必要は無いですがコレは約3.5mmです
羽1枚支えれば良いだけなので 必要最低限の長さにした方がいいです

コレはガンプラのランナーで代用できるので 素組み派の人は青のランナーを使えば良いと思います

次に
Z-huri-kaisyou4.jpg
さっき作った軸を画像のように羽に接着します
ランナー代用だと若干太いので紙やすりで調整します

軸に開けた穴は下にくるようにします
先ほど 穴を開けてない人は(説明が難しいけど)上の大きいほうの翼に有る干渉する出っ張りを切ります
新造した軸はグレーのABS製のパーツに挿すヤツなので問題ないです


後はこのまま組んでいけばいいのですが
軸を新造したぶん 元の軸が浮くと思うので
Z-huri-kaisyou5.jpg
コレです
コレを切って短くします コレはポリ製なのでミスると取り返しが付かないです。
慎重に現物と合わせながらやってください
コレは翼全体を支える軸なので短すぎると翼全体を支えられ無くなると思います
でも長く残しすぎると新造した軸を支えられないので 慎重に決めてください

Z-huri-kaisyou6.jpg
奥まではまれば終わりです
軸が緩かったりする場合は接着剤で太らせて調整してください。


長くなりましたが理解さえ出来れば単純で簡単な改造です
最後に 
似たパーツが多く説明も下手なので
最後まで読み 仕組みを理解した上で自己責任で加工して頂きますようよろしくお願いします。

RG 1/144 フリーダムガンダム 調和塗装Ver 改修記:顔の整形2(アゴの調整)

1/144 フリーダムガンダム 調和塗装Ver 改修記:顔の整形2(アゴの調整)
改修はかどっていません。ですが来週 出来るだけ早めに完成させます。

顔整形改修の続きです

Z-huri-kaokai4.jpg
↑改修後  改修前↓
Z-huri-kaokai1.jpg
Z-huri-kaokai5.jpg

良くなって来たと思います。
大人っぽい顔になってきた
ちょっと白いマスクのあごが長すぎるかな?ちょっと削ろう

顔(あご)の整形改修の方法は
白いマスクパーツのアゴ部(赤いアゴパーツが入る所)の上&左右のそれぞれに0.14mmプラシートを貼って
左右は『ハ』の字になるように紙やすりで整えて 赤いアゴパーツもそれに合わせて削る

白のマスクパーツの底辺(アゴのライン)にもプラシートを貼ったけど これは貼らなくてもいいかも
あと一番大事なポイントはアゴ上鼻下の三角形の凹み これをきちんと掘り込んでないとすごくチープで緻密さにかける顔になります。 

大体こんな感じです。
余談ですがお土産でビームサーベル箸もらいました
hasi.jpg
せっかくだから使ってます。

RG 1/144 フリーダムガンダム 調和塗装Ver 改修記:顔の整形

RG 1/144 フリーダムガンダム 調和塗装Ver 改修記:顔の整形
改修進んでます 理想よりずっとゆっくりですが
「あっいいですねぇ~」って思える充実は有る。今 すごく楽しいかも

RGフリーダムは顔が変なので(3回目ですが)顔の整形 改修中です
Z-huri-kaokai2.jpg
↓改修前↓
Z-huri-kaokai1.jpg

まだ途中で汚いですが まぁよくなってると思います
顔の改良改造の方法を簡単に説明すると
ほほ装甲を削って角度を変えたのと
マスクをあごに向かって深くなる様に削ったのと
あごの整形と・・

鼻の溝を細くして位置を変えたのと・・・
溝改造のやり方は

上側の溝は0.14mm(だったかな?)のプラシートを溝内部の下辺に貼るのと

下の溝は溝内部の上辺を紙やすりで0.14mm削って
上側の溝と同じようにプラシートを貼る。"2枚"ね

コレで鼻の溝はだいたいバランス良くなると思う。
以前作ったやつの改修も大体こんな感じ
以前作ったフリーダム
Z-huri-kaokai3.jpg
この時はマスクの鼻先を上げる為にプラシートを貼り付けたり基盤を加工したりしたから
もっと複雑な過程があったけど。


注意点は 紙ヤスリはタミヤのフィニッシングペーパーだと柔らか過ぎる事かな
ホームセンターの1000番耐水ペーパーを良い感じに切ったの(0.6mm×10.0mmくらいの)を10枚くらい用意して
ピンセットで持って5擦りしたらペーパー交換 ってやれば接着含めて15分くらいで終わると思う

あごの整形についてはまだいじろうと思うからその時にサフかけまでやってから記事描こう

RG 1/144 フリーダムガンダム 調和塗装Ver 改修構想:色決め編

RG 1/144 フリーダムガンダム 調和塗装Ver 改修構想:色決め編

前回記事を書いたフリーダムガンダムの改修構想が中途半端で終わってたので
追記させていただきます。
コンセプトは前回も書きましたが RGジャスティスガンダムと並べて調和 協調の取れるディテール&塗装色調です

Z-huri-kou2.jpg
スカートはこんな感じにしようと思います
イメージとしてはやはりRGジャスティスガンダムのツギハギ感を参考にしてます
シルバーかゴールドのホイルシールで細かいディテール&アクセント表現として取り入れられればと思います















自由 「白」(基本色)      ・
正義  「白」             ・
自由 「白2」 

正義 「ピンク1薄」(基本色)
自由「青」(翼)

正義「ピンク2」(バックパック)
自由 「紺」(胸部) 
正義 「茶」(胸部)
自由「グレー1」(関節色) 正義「グレー」(関節色)
自由「グレー2」(レールガン) 正義 「ピンク1濃」

私の書くHTMLに不備があるのか変なスペースが出来ましたが
色設定は こんな感じで決めました
これは 雑誌に載ってたジャスティスの色つき設定画稿の色を参考に 「明度」「彩度」を出来るだけ変えずに
色相を調整してそれぞれ対応した色味を決定しました
結果 思ったより というかかなりもともとのRGフリーダム設定色と似てますが
白の濃淡の色面積等を工夫して 個性を出そうかなと思います


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。